カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

9月定例会での一般質問予定

9月の定例会が始まりました(9月13日(水)~22日(金))

両議員の一般質問の予定は、

●森あや子議員 15日(金)午前10時ごろ 「公共工事における適正な工事の在り方について」
●荒木龍昇議員 19日(火)午後3時すぎごろ 「市営住宅の管理について」「夜間中学校の設置について」

ぜひ傍聴にお集まりください。

なお、議会の様子はYoutubeでもご覧いただけます。
https://www.youtube.com/user/fukuokashigikai

※写真は本日の議案質疑の様子と、今議会から導入された「残時間表示器」です。

 

LINEで送る

議員報酬の削減を! 〜政務活動費や議会費は減らすべき??

「議会費」は、議員報酬や政務活動費のほか、議会としての行政視察などの活動費や議会事務局の人件費などの総額で、福岡市では年間約19億円となっています。福岡市の一般会計は7800億円、特別会計と企業会計を合わせて1兆9000億円あり、議会にはこの使い道をチェックするという役割があります。

アンケートにも「議員報酬は高い」という声が多く、私たちも「減らすべき」という立場ですが、議員の定数は必ずしも減らすべきではなく、議会費を活かして議会がしっかり機能するようにすべきと考えています。

議員報酬とは別に「政務活動費」として、調査研究、広報、広聴などの活動に対し、議員個人に月26万円、会派に月9万円(×議員数)が支給されます。この収支報告書は過去5年分が議会事務局で保管されており、誰でも閲覧できるのに加え、直近の年度分はホームページにも掲載されています。情報公開請求をすると、領収証をすべて確認することもでき、市民のチェックが可能です。

私たちの税金をどう使うべきか、議員報酬や政務活動費のほか、議会改革に関するご意見をお寄せください。

LINEで送る

議会改革に関するアンケートにご協力ください!

お住まいの区 (必須)

お名前 (任意)

ご住所 (任意)

電話番号 (任意)

メールアドレス (任意)

Q1. 議員に望むことは何ですか? あなたの考えに最も近いものをお選びください。 (必須)

※「その他」を選ばれた方は具体的にお書きください。

Q2. 自治体の議会を身近に感じられないのはなぜですか? (必須/複数回答可)

※「その他」を選ばれた方は具体的にお書きください。

Q3. 議員報酬(年間1400万円以上)についてどう思いますか? (必須)
 高すぎる・減らすべき  今の仕事ぶりなら高すぎる・しっかり仕事をしていれば妥当  少なすぎる・増やすべき

Q4. 議員定数(62人)についてどう考えますか? (必須)
 多すぎる  妥当  少なすぎる

Q5. いまの福岡市政で問題だと思うのは何ですか? (任意)

LINEで送る

4月18日(月)議会改革調査特別委員会のお知らせ

160418議会改革調査特別委員会お知らせ

新年度最初の議会改革調査特別委員会は、
4月18日(月)10時からです。

今回の議案は、

(1)議会改革に関する調査
ア 本会議・委員会の公開性向上に関すること
④発言残時間の表示について
⑤常任委員会の名称について
⑥常任委員会の再編について
イ 議会活動に対する住民理解の促進に関すること
①議会活動に対する住民理解の促進について
②選挙権年齢の引下げへの対応について
ウ 市民意見の反映に関すること
①市民意見を反映するための仕組みづくりについて
②請願、陳情の取扱いについて

となっています。

「イ 議会活動に対する住民理解の促進に関すること」
は今回から検討を始める項目なんですが、
具体的には「子ども議会」「議員による学校への出前講座」
「出前議会」などが検討される見通しです。

ぜひ傍聴へお越しください!

 

LINEで送る

議会報告ニュース3号・4号のデータをアップしました。

先月末に発行した4号と、1月末に発行していた3号のデータを「議会報告ニュース」のページにアップしました。

各号のPDFデータをダウンロードしてご覧いただくことができます。また、画像をクリックすると拡大されますので、そちらでご覧いただくこともできます。

最新の4号では、2016年度予算についての当会派の考え方や、議会改革についての対談記事(下図参照)などを掲載していますので、ぜひご覧ください。

本当に議会改革は進んでいるのか?

 

 

LINEで送る